体に良い砂糖の使い方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体に良い砂糖の使い方

私は若い頃から甘い物が大好きで、とくにあんこが好きなので、おしるこ、タイヤキ、おまんじゅうには目がありませんでした。

夫はケーキは好きですが、あんこ類は苦手なので、ご近所からいただくあんこ類はすべて私が平らげていました。

それでも若い頃は何のさしさわりもなかったのですが、55歳の閉経を迎えてからというもの、女性ホルモンのエストロゲンの減少によるものとのことですが、急にコレステロール値が上昇してしまったのです。

医師から、「甘いものはエネルギーとして消費しなかったものは脂肪となって蓄積し、それがコレステロールを作るから、甘いものを控えるように」といわれてしまいました。

そして体重も4kg減らすようにとのことでした。

それでもなかなか甘いものをやめられなかったのです。

色々研究した結果、甘いものやデザートは食後に食べると、食事によって血糖値が上がってきているときに、さらに血糖を増加させるので、必要以上に増えた血糖は体に蓄えられてしまうことがわかりました。

逆に、血糖値が下がってお腹がすいている食事の前に食べれば、すぐに血糖値が上がって必要な血糖値を得ることができ、空腹感を満たしてくれます。

甘いものに入っている砂糖は急激に血糖値を上げるけれどすぐに下がりますから、甘いものを食べてから食事をすると食事の血糖はゆっくり上昇するので、食事による血糖が上がり始める頃には砂糖による血糖は下がり始めていますから、血糖値が上がりすぎることはないのです。

食事の前に砂糖を摂取する。たったこれだけのことを続けただけで、甘い物をやめることなく、体重が4kg減って、コレステロールもかなり下がったのです。

よく歩くようになったのも良いのだと思います。皆様も試してみて下さい。






comment

Secret

ブックマーク

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ広告com.ランキング

ブログ広告ならブログ広告.com

BloMotion

サンプル・イベント・モニターならBloMotion

プレスブログ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

メトセラATP ES-27クリーム

アトピーや敏感肌でお悩みの方に革命的クリーム

最新記事

ブックマーク

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

おいしいチーズいか

ブログセンター

FX口座開設